2018-19年度


2018-2019年度

東金ビューロータリークラブ

会長 猪野 達雄

 

20002月に創設された東金ビューロータリークラブも19年目を向え、いよいよ来年は大きな節目の20周年を迎えます。チャーターメンバーとして今日まで活動をさせていただきました。当時は30名以上の会員がおり、私が会長になるなどとはまったく考えておりませんでした。しかしながら今年度、会長になることとなりました。私は不勉強でもあり、このような重責を全うすることができるのか心配が尽きません。ぜひ皆様のお力をお借りし、ロータリークラブのため力不足の私ですが1年間頑張りますのでご支援ご鞭撻の程宜しくお願い致します。クラブにおいては個々の委員会がしっかりと機能していけるように各委員会の委員長には自分の委員会の活動内容を把握して頂き、今年度の活動目標に向けて進めていってほしいと思っております。少ない人数なので委員会単位では出来ないことが多々あると存じます。だからこそみんなで協力して創立20周年へと繋げていきたいと考えております。

2018-2019年度 バリー・ラシン国際ロータリー会長はロータリーの奉仕は人々の人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実践するために、私たちはロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割をこれまでと違う角度でとらえる必要があります。一番大切なのは前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があると言っています。

バリー・ラシン国際ロータリー会長のテーマ「Be The Inspiration」、日本語訳では「インスピレーションになろう」です。Inspirationという単語には、霊感・直感という意味以外に、鼓吹・鼓舞・激励、あるいは「鼓舞させる人」・「激励となる人」という意味があるとの事です。ゆえに「Be The Inspiration」とは「鼓舞させる人になろう」と言うような意味と解釈できます。

 

世界のロータリーは、激動変革の時代を迎えています。日本のロータリーも同様です。私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指していきます。